English page is here

分子生物科学研究室 秦野グループのホームページ

あなたは、 人目のお客様です。


  この世の中は、様々な色彩で彩られています。例えば葉の緑色は、光の三原色であるの光を葉が吸収するのでに見えます。一方で、三原色全てを吸収してしまうため暗色化したもの(暗色物質)が存在します。例をあげると、地球上最大のバイオマスである黒色土、味噌や醤油または石炭に含まれる暗色物質がよく知られています。この他にも生物圏、非生物圏を問わず、有機物の存在するあらゆる場所に暗色物質は見いだされています。このように暗色物質は普遍的なものであるにもかかわらず、どの様な機構で生成されるのか、どのような形をしているのか、などの詳しい特性はわかっていません。我々のグループでは、産業廃棄物である廃糖蜜中の暗色物質(CC, DM or MLP)の構造特性を詳細に調べて、これを固定化した徐放性ゲルを作成して、植物を利用したファイトレメディエーション(植物修復)に応用する事を主に研究しています。

  植物修復とは、植物が根から水分や養分を吸収する能力を利用して、土壌や地下水中の汚染物質を吸収させる技術を指します。対象となる有害物質はカドミウム、鉛などの重金属や、NOx、SOxなどの大気汚染物質の他、セレン、トリクロロエチレン、窒素化合物、環境ホルモンまたはウランやセシウムを始めとする放射性物質であり、非常に多種多様な汚染物質を吸収することができます。植物修復による土壌浄化機構としては、ファイトエクストラクション(植物抽出)、ファイトスタビライゼーション(植物吸着固定)、ファイトスティミュレーション(植物根粒菌分解)、ファイトボラタイリゼーション(植物気化放散)、ファイトトランスフォーメーション(植物転換分解)、ファイトマイニング(植物貴金属濃縮)などが挙げられます。本研究室では、主にファイトエクストラクションに注目して研究をおこなっています。

  近年、工場跡地や市街地の再開発に伴って重金属や有機化合物等による土壌汚染が発覚して問題となっています。重金属汚染土壌を改善する方法として現在、土壌改善の確実性の高い掘削除去が行われていますが、運搬・処理のコストが高いことや廃棄する為の代替地の確保などの問題点があります。これらの問題点を解決する方法として、植物修復が注目され始めています。この方法は従来の機械装置に比べ低コストで低濃度・広範囲の処理が可能であるという利点がある一方で、浄化に時間がかかる問題や植物の生育環境によって体内吸収率が異なるという問題もあります。これらの問題に対して我々のグループでは、キレート剤として暗色物質を汚染土壌に添加して重金属などの移動性を高めることで体内吸収率を向上させる研究をおこなっています。2014年度版 首都圏北部4大学連合(4u)シーズ集Vol.5 に寄稿した研究室紹介を参考にして頂けると幸いです。

  このホームページは、本学理工学部の化学・生物化学科に所属する助教 秦野賢一が運営する研究室の様子を御紹介するためのものです。卒研時にどこの研究室に進もうか悩んでいる群馬大学の学生や、大学院への進学を検討している卒研生などを訪問者として想定しています。進学先を探している高校生や専門知識があまりない一般の方々には少し難しいかもしれません。逆に、企業の研究所の方々や大学の教官には物足りない内容だと思います。今後、いろいろな方々に御満足していただけるように内容を充実させていきたいと思っています。


自己紹介

研究室紹介

業績リスト

研究費獲得状況(工事中)

研究室内の回覧板(工事中)

よくある質問集


教官一覧のページへ                          2009年8月8日HP開設 − 2017年11月11日更新